M1 Mac と ATEM Mini Pro ISOでYouTube LIVEをローカル収録

ダビンチリゾルブのISOデータを手元のSSDに録画するために
ATEM構成図

※追記 20210603
「ATEM Mini Pro ISOでYouTube LIVEを配信する設定」はVookをご覧ください。

YouTube LIVEは自動でサーバーに録画データを保存してくれます。
しかし配信オリジナル動画データをローカルにも保存したいと思い、思考錯誤の末たどりついたひとつの構成例です。

スイッチャーはBlackmagic Design製のATEM MINI Pro ISOで、これを使って録画したデータは同社の動画ソフト、DaVinci Resolveのオリジナルデータとなり、すんなり編集作業に入れます。
またM1 Macはバッテリーのもちが良く、半日程度の配信・録画にも十分耐えられるのでおすすめです。

さて、この構成はパワポを使ったセミナー用の一例です。
少し詳しい説明は動画・映像制作Tipsサイト「Vook(ヴック)」に「M1 Mac + ATEM Mini Pro ISOのYouTube LIVEローカル収録構成例」として書きました。
ご興味ある方はそちらもご覧いただけますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です