VMWare Workstation Playerの.vmxを修正してBIOS起動時間を延ばす

ゲストのBIOS起動時間を延ばす

非商用なら無料で使える仮想化アプリVMWare Workstation Playerはとても重宝します。
例えばWindows7など、以前のOSでなければ動かないアプリを仮想化して対応せざるを得ないケースは少なくありません。

通常ならAOMEI Backupperで取ったフルバックアップ(システム丸ごと)を仮想化環境にリストアするのが一般的。

ディスクまるごとバックアップ 『AOMEI Backupper Standard Edition 3.2』

ここでゲストのBIOSを起動させたいのだけれど、ホストマシンが早すぎて入れないことがあり、その対処法です。

ただし、すんなり動くかは別な話で、立ち上がらないことも普通にあるので過度な期待は禁物。
もっともそこから立ち上げるのがプロの仕事ではありますが。

.vmxに一行追加

とても簡単で、ゲストマシン設定の「~.vmx」をエディタ(メモ帳でも可)で開き
BIOS.BootDelay =”10000″ を最終行に追加します。

.vmxに1行追加

最終行でなくとも大丈夫で、数字部分(この例では10000)を増やせばウエイト時間が長くなるので、お使いのマシンに合わせて設定しましょう。

仮想環境ゲストBIOS

なお、VMWare Workstation Playerを立ち上げたら、そのウインドウをクリックしてからでないとF2は押せません。小ネタ注意です。

postでウインドウクリック

では快適なPCライフを! 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です