『VMware Workstation Player』でWindows8を仮想化してWindows7で動かす

超使える『VMware Workstation Player』

OSをデュアルブートにすることなく簡単に仮想化、削除もワンクリックな「VMware Workstation Player(ブイエムウェア ワークステーション プレーヤー)」でWindows8を試してみました。

Windows7に8を仮想化

※追記 20200121
執筆時の名称「VMware Player」から変更しました

フリーのWindows仮想化ソフトには「VMware Workstation Player」、「Virtual PC」、「Oracle VM VirtualBox」などがあります。
今回はインストールの簡単さ、「98」、「XP」、「ubuntu」の動作再現性などから、「VMware Workstation Player」を選びました。

Windows8も簡単にインストールできたので、備忘録を兼ねここにまとめます。
なお、すべての動作確認が取れているわけではない点はご容赦ください。

まずWindows8のDVDディスクイメージisoを入手します。
Amazonにてバンドル版64bit(9,805円)を購入しました。
バンドル版ではありますがWindows8からは単体購入が可能です。

※追記 2013/7/10
64bit版は最低必要メモリが2GB、32bit版なら1GB。
眠っている昔のマシンへのインストールをお考えならご注意ください。

『VMware Workstation Player』でWindows8をインストール

まずインストール前にBIOSで「Intel VT-x」を有効にします。
X220ですと[F1]でBIOSセットアップメニューに入り、[Security]->[Virtualization]の2項目を[enable]に変更して[F10]で保存。
これをしないとインストール中にこんなメッセージが出ます。

vtx

BIOS変更が終わったらロジテックのバスパワー駆動、USB3.0対応のブルーレイドライブ「LBD-PME6U3VSV」をつなぎます。

VMware Workstation Playerを起動し「新規仮想マシンの作成」をクリック。

vmware新規仮想マシン作成

外部ドライブにWindows8インストールディスクをセットして認識を待ち「次へ」クリック。

vmware新規仮想マシン作成

簡易インストール用のデータを入力して「次へ」クリック。
※ここでプロダクトキーを間違えたら、エントリを削除して最初からやり直し!

vmwareプロダクトキー入力

デフォルトのまま「次へ」クリック。

vmware仮想マシン名入力

ディスク容量のデフォルトは60GBですが、とりあえず確認できればよいので20GBに変更して「次へ」クリック。
※インストール直後の使用容量は9GBほどです。

vmware仮想マシンディスク容量

「完了」クリック。

vmware設定完了画面

『VMware Workstation Player』でWindows8を起動させ各種設定をする

自動的に初期画面に戻ります。
Windows8が一番上に追加されているのでここをWクリックするか、下の「仮想マシンの再生」をクリック。

vmware起動

インストール準備画面はしばらく待ちます。

vmwareインストール準備

インストールが始まりました。

vmware OSインストール中

何回か自動でリブートしたあとにログイン画面が出るのでログインパスワードを入力。

vmware仮想化OSログイン

立ち上がりました!
引き続き必要な設定をしてください。(画面右下から)
めでたしめでたし。

Windows8設定

スタート画面↑いらないという方は
・Windows8が7のように使えるフリーソフト「Classic Shell」

自分的にはスタート画面を飛ばした8は結構好きw

※追記 2014/1/14
仮想化したOSの削除は右クリック-「ディスクから削除」
vmware仮想化OS削除

※追記 2013/2/3
仮想化したwin8のエクスペリエンスインディックス
vmware仮想化OSインディクスネイティブwin8
ネイティブOSインディクス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です