富士通 LIFEBOOK AH42/W SSD換装

裏カバー外しもSSD換装も簡単!
LIFEBOOK AH42/W

富士通 LIFEBOOK AH42/W Celeron Dual-Core 3205U mem 4GB HDD1TB、 2015秋Windows10モデルのシステムメンテナンスとSSD換装を承りました。

そもそも急にWi-Fiが繋がらなくなり、メーカーサポートの指示でルーター再起動をかけたら復活したそうです。
その際、マルウェアらしきアプリがいくつか見つかり、それが原因の可能性もあると言われたとのこと。
また起動から動作も遅く、それら解決のためメーカー出張サポートを打診されました。

ただ出張サポートはそれなりの費用がかかり、それとは別な60分のお試し設定もあるそうでどうしようか考えておられたそうです。
そんなお悩みを聞いた私のお客様からご紹介があり、作業させていただく運びになりました。

今回行った作業(時系列順)

1.あまり素性がよろしくないアプリの削除
何かのアプリにくっ付いてきてインストールされたのでしょう。
海外製フリーソフトによく見られ、そして「ウイルスにやられている」系のお決まりインチキメッセージを出し、簡単に削除できないようにしているのもありました。

2.Windows10で不要なアプリの削除とサービスの停止
全く使わないのにCPUやハードディスク、そしてネットワークに負荷をかけているものを削除または停止します。
なお、最初から入っているメーカーアプリにも不要(というか余計)なものは少なくありません。

3.SSD換装
データを維持したままSSDにシステムごとクローン
とにかくCPUなどに比べるとHDDの速度は圧倒的に遅いので、交換すると体感速度は劇的に向上します。(具体的方法は後述)

4.Windows10をバージョンアップして最新に
Windows10は春と秋に大型の機能更新アップデートが行われます。
しかしPCによっては必ずしも自動で更新されるとは限らず、あるいは更新失敗のまま何度もアップデートを繰り返す場合もよく見かけます。
当PCも2019年秋のバージョンだったので最新の「20H2」に更新します。
※PCの能力や元バージョンによっては半日以上かかることもあるのでご注意。

5.最終メンテナンス
レジストリやSSDの最終チューニングを行います。
ちなみに「素性がよろしくないアプリ」には自動レジストリチューニングするものがあり、これが逆に悪さを招く原因になっていることも結構あるのですね。

以上、今回はトータルで丸1日ほどの作業でした。
では、以下SSD換装について。

ディスククローン後、ネジ1本外してHDDを取り出す

ディスククローンは安定の「Aomei Backupper Pro(有料版)」を使用。
(使い方は以前のバージョンではありますがこちらをご参考に)
ディスクまるごとコピー 『AOMEI Backupper Standard Edition 2.0』

元HDDが1TB、換装するSSDは500GBとサイズ違いですが、今回はAomei Backupper自動パーティションリサイズに任せました。
※HDDの使用領域が約120GBだったので、今の使い方なら容量不足にはならず、これでも十分です。(1TB高いし)

PC裏左下にHDD格納部分があり、ネジ1本外した画像が上記です。
HDDを慎重に左にずらして外したら、左の灰色プレートをSSDに移し、逆手順で組み立てます。

なお今回もこのSSDを使いました。動作は高速で安定していてお勧めです。

スペーサーはありませんが、安定のこちらもお勧めです。

それでは楽しく快適なPCライフを!

富士通 LIFEBOOK AH42/W SSD換装” に対して2件のコメントがあります。

  1. 佐藤篤司 より:

    マイPC&妻PC、そして今回の知人といい、本当に頼りにしております。みな大満足ですよ。今後も諸々よろしくです。

    1. suraugi より:

      マイ宣伝部長^^、いつもありがとうございます!これからもどうぞよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です