ディスクまるごとリストア 『AOMEI Backupper Standard Edition 3.2』

起動用ディスク(ブータブルメディア)の作成

AOMEIリストア

ディスクまるごとバックアップ 『AOMEI Backupper Standard』 に続き、このエントリはリストア(書き戻し)方法を紹介します。

手順では下記の3から4です。

1.ディスクバックアップ

2.バックアップファイルのリネーム(名前の変更)と移動 <-前回まで

3.事前に作成済みの起動ディスクから起動 <-今回ここから

4.復元

※リストアするPCでブータブルメディアを作成しないと起動時エラーの場合があります。

「ユーティリティ」-「ブータブルメディアの作成」に進みます。次の画面で「Windows PE」をチェックし「次へ」。メッセージ画面が出たら「次へ」。

AOMEIリストア

(メデイア選択はDVDドライブが無難)メディアをセットして「次へ」
※追記 2020/3/27 ISOファイルを作成してからDVDに焼く方が確実でした

AOMEIリストア

ドライバ確認画面が出るので「はい」。

AOMEIリストア

しばらくすると起動用ディスクが出来ます。

3.作成したディスクでPCを起動

もしディスクから起動できない場合、起動優先順位をCD/DVDが一番になるよう、PCの説明書をご覧になり変更ください。またリストア時はPCとハードディスクは必ず電源接続します。
AOMEIリストア

しばらくするとメニュー画面が出るので「Restore」に進みます。なお表示は全て英語になります。
画面の指示に従いバッククアップしたファイル「~.adi」を選び、リストア先を指定して進みます。

※リストア先がSSDなら最下行にチェック(画面はクローン作成から流用)

AOMEIリストア

以上です。処理が終わったら周辺機器を外して再起動するとあ~ら不思議!以前とまったく同じ環境に戻りました^^

追記 2020/4/28
スタートアップ修復をかけても立ち上がらないときは、コマンド「bootrec /rebuildbcd」をお試しください。
(最近ディスククローン、リストアでもダメな場合が多く、これで回復するケースがほとんどでした)

追記 2016/6/7
リストア後、最初のWindowsUpdateにとても時間がかかることがあります
一晩待っくらいでお考えください。

ディスクまるごとバックアップ 『AOMEI Backupper Standard Edition 3.2』
ディスクまるごとコピー 『AOMEI Backupper Standard 2.0』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です