アップルウォッチより手軽でシンプルなエアタグ

忘れ物や尋ね人探しはこれで決まり!

「アップルウォッチって実は高齢者向きなんじゃ!?」でご紹介したアップルウォッチ。
腕時計嫌いの私でしたが、とても便利でもう手放せません。

でも居場所だけ分かればとか、忘れ物はどこだっけ?などの探す用途には値段も機能もオーバースペック。
そこに登場したのがこれ、小さく軽い紛失防止グッズAppleのエアタグ(AirTag)です。

アップル エアタグ

アップルウォッチやiPhoneなどの機能から「探す」に特化したグッズで、軽くてお値段も1個3800円(税込)とお得です。
電話などの機能が使える人なら、高くてもアップルウオッチがおススメですが、小さなお子様や高齢者はこちらが良いでしょう。

アップルウオッチの設定はiPhoneを使い慣れている人でないと難しく、その点、こちらはiPhoneに近づけて何回かタップするだけですぐ使えるのでした。
なお微弱な磁気があるそうで、キャッシュカードなどの磁気付きのものには直接触れないようにご注意ください。

購入前にはご注意を

前提としてiPhone、iPod touch、iPadが必要で、ピンポイントで探せる機能の「正確な場所を見つける」はiPhone11以降が対応します。
またApple IDと紐づくので、事前にID、パスワードは確認しておいてくださいね。
実はここが一番大変かも^^;

設定はチョー簡単

エアタグの絶縁シートを剥がしiPhoneに近づけます。
すると画面がこのように変わるので進んでください。
※真ん中の名称は自由に付けられます。(ここではカメラを選びました)

エアタグをiPhoneで設定する
”探す”アプリの使い方は

”探す”アプリの一番下、「持ち物を探す」で探し物をタップすると下の画面になります。

持ち物選択
「探す」アプリの表示

iMacで”探す”とこんな感じ。なおこちらに音を鳴らす機能はありません。

Macで”探す”

iPhoneで「サウンドを再生」をタップすると、そこそこ大きな高い音で「ぴっぴぴっぴぴー」と数回エアタグが鳴ります。
これ家の中とか近場の探し物にも使えますね!
なお「正確な場所を見つける」機能が使えるiPhone11以降なら、ピンポイントで探すことも可能です!

これって世界中で探しものが見つけられるそうです。
Appleだからセキュリティーも大丈夫でしょう。

と言うわけで、一日早くこれが手元にあったら、昨日失くしたキーケースも探せたのになぁ・・・

後悔先に立たずなり^^;

アップルウォッチより手軽でシンプルなエアタグ” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です