デジタル遺品となったiPhone、M1iMacのロック解除とデータ救出

突然の事故で亡くなられ、遺されたデジタル機器にはロックがかかって動かない

私も所属する、終活サポートの「NPO法人ら・し・さ」、「終活アドバイザー協会」の知人FPから、ロックされて動かないデジタル遺品の状況確認と、可能ならロック解除のサポートをと連絡がありました。

最後まで手こずったM1 iMac

亡くなられた方は、おひとり暮らしをされていました。
ご遺族がお部屋にあったiPhoneなどを開けようとしましたが、パスコードロックがかかってしまい、全く動かせなくなっています。
そのほかにも数台のスマホやタブレット、そしてM1 iMacも残っていて、すべてパスワード(コード)ロックのため開けられません。

ロック解除マニュアルはあるものの進まない

今回は1台のandroidスマホ以外、すべてApple社の製品です。
このような事態の対処マニュアルもありますが、どうしてもうまくいかず、途中で止まってしまいます。
でもマニュアル通りに動かないことはよくあることなので、手探りで真っ暗なトンネルの出口を目指します。

そして解決!

上の画像は最後の最後までロック解除に手こずったiMacです。
セキュリティに関することなので詳細は省略しますが、2日目に、ある機器に残されていたわずかなヒントが手がかりとなりトンネルを脱出できました!
今後は目を覚ましたiMacで不要なサービスの解除を行っていきます。

さて、ロック画面からデスクトップ画面に切り替わった時、作業を見守っておられたご遺族が喜ばれたお姿には、作業中の私もグッときました。

あらためて故人様のご冥福をお祈り申し上げます。
もう電子機器の心配はなくなりました。
安心して安らかにお眠りください。

合掌

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。