『TeamViwer』+iPhone5s、LTE経由でWindowsをリモートコントロール

何が起こっているのか確認するには充分!

iPhoneでリモート

秋とともにiPhone5sの懐がますます深まりました!
au版iPhone5s+『TeamViwer』、LTE経由でWindowsをリモートコントロール(遠隔操作)可能ですv(^^)v

ノートPCやタブレットはモバイル性が高く、とても便利な反面、盗難・事故によるデータ消失リスクが伴います。
またACアダプタだのWi-Fiルータだの外部バッテリだの、どんどん荷物はかさばり、バッグはパンパン、腰もパンパン、財布はスカスカになりがちですよね^^;
それがほぼiPhone5sのみで代替できるとは、嬉しい世の中になったものですなぁ。

今日ご紹介する『TeamViwer』は、外部のパソコンをインターネット経由で遠隔操作(リモートコントロール)できるソフトです。
様々なデバイスやOSへの対応もさることながら、個人利用が無料というのも素晴らしい!
もちろんパソコン同士でも使えるので、ご友人のパソコン修理を頼まれる機会が多い方には最適ですね。

※商用利用にはライセンスが必要です。

『TeamViewer QuickSupport(顧客向けモジュール)』とアプリのインストール

では詳細へ。

①コントロールしたいデバイス(今回はWindows7)に「TeamViewer QuickSupport(顧客向けモジュール)」をダウンロードします。
※インストールは不要なのでデスクトップに保存すると分かりよいでしょう。

『TeamViwer』のトップページ右上の「ダウンロード」をクリック。

TeamViwer

↓ここにあります。

TeamViwer

②iPhone5sでApp Storeから「TeamViewer」を検索してインストールします。

iPhone5s

準備完了!

『TeamViewer QuickSupport』を使う

③ホスト(コントロールされる側のパソコン)でアイコンをWクリックしてソフト起動。
TeamViwerQS

確認メッセージが出たらそのまま進んでください。

④リモート情報表示

TeamViwer接続

「使用中のID」、「パスワード」を確認します。

⑤iPhone5sで「TeamViewer」をタップして起動

TeamViwer接続ID

赤枠に④の「使用中のID」を入力して、下の「リモートコントロール」をタップ。

⑥パスワード入力

TeamViwer接続PW

⑦つながりました!

接続中iPhone5s

縦持ちでは画面が小さすぎるので横持ちにします。

縦ロックの解除はコントロールパネルタブを上にスワイプしロックアイコンをタップ。

iPhone5S画面ロック解除

⑧大きくなりました。

iPhone横画面

ピンチすると拡大します。

⑨終了

TeamViwer終了

右下のXマークをタップすると終了します。

※接続中は右下にこのような画面が表示され、誰が接続しているか分かります。
※※タブ画面を隠したいときは「>」をタップ。

⑩ホスト画面に終了メッセージが表示される。

TeamViwer終了メッセージ

OKをクリックするともう一枚出るので、「X」で閉じて終了です。

TeamViwer宣伝

以上です。やってみるとあっけないほど簡単です。
なので、逆に接続時のID、パスワード管理にはご注意ください。

回線スピードは?

speedtest

コンクリ集合住宅内なのでアンテナ感度は-105と決して良くないですが、大体これくらいは出るようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です