dtab d-02Hのバッテリー交換

中身はHUAWEI Mediapad M2-802L

かつてドコモはスマホ契約のおまけでd-02Hのタブレットを無料で配っていました。
これ、モゴモゴすると素のSIMフリータブレット「ファーウェイ Mediapad M2-802L」になるのです^^;
(詳しくはGoogle先生にお尋ねくださいませ)

M2-802L化

ただしOSが「EMUI4.0.3」と、最新の「11」よりだいぶ古く、また機種自体が非力なので最新ゲームなんかは全く動きません。
しかし画面解像度は1200x1920で発色も良く、8インチモバイルモニターとして使えれば収録現場で役立つのになーと思いました。

そもそもPC・スマホ・タブレットで外部映像入力機能を持っているものはほとんどありません。
また、一般的なモバイルディスプレイは電源が必要なものがほとんどで、値段もそれなりのため手持ちのタブレットで何とかしちゃおうというのが今回の目的です。<ー いろいろ試したけどUVCドライバが無くダメっぽいです・・・

ちなみに交換修理は7千円くらいでできるようですが、特別な理由がなければUSB-CのAndroid機を購入されることをお勧めします。

バッテリー交換は最高レベルの難しさ

もともと使わないからと新品でいただいたものですけど、かれこれ5年は経っていてバッテリーも劣化しており使える時間も短くなっていました。

そこでまずはバッテリー交換して新品状態に戻します。
ただ、サードパーティのバッテリーは純正に比べ、一般的に使用時間は短くなる傾向があります。
とりあえず液晶側パネルを外しました。

液晶パネル取り外し後

事前の検索で分かっていましたが分解難易度(というか危険度)は最高レベルです。
特にバッテリーは爆発のリスクもあるので初めての方は絶対やめましょう。
(iPhoneよりずっと大変です)

難しい理由は2つ。
1.パネルを留めているプラ爪が固すぎてパネルがなかなか外れない
  ー> 右の側面にあるSIMカードカバーをずらして隠しネジを外す
  ー> 画面下、スピーカーの上部分からヘラ(プラスチックがおススメ)を入れ、左右にスライドさせながら外周のツメを少しづつ外し、液晶ケーブルを切らないようにゆっくりパネルを開ける(無理すると液晶が割れます)
  ー> ①の液晶ケーブルコネクタを留めているネジとコネクタを外し液晶パネルを外す

2.バッテリーが強力な粘着テープで張り付いていて取り外しが困難
 【重要】バッテリーを曲げると爆発する恐れがありますので極力曲げないように注意!
  ー> ②③のネジとコネクタを外す
  ー> バッテリー上部にヘラを入れて少し持ち上げてシール剥がし液を少し流し入れ、少しづつ浮かしながら取り出す
(バッテリーと本体は左右にある縦2本の粘着テープで密着しています)

取り外せたら逆手順で組み立てます。(こっちはカンタン)

そして充電しながら発熱しないか観察し、フル充電後は使ってみて熱くならないことを確認してくださいね。
作業は以上です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です