「G Suite Migration for Microsoft Outlook」でWindowsメールをGmailへ移行する

「G Suite Migration for Microsoft Outlook」で出来ること

G Suite Migration for Microsoft Outlook

グーグルの「G Suite Migration for Microsoft Outlook」でWindowsメールをGmailに移行した備忘録。

今回は電源が入らず立ち上がらなくなったVistaから取り出したデータが入っているUSBハードディスクを使った作業でした。(幸いにもデータは全て正常)

なお、当ツールではWindowsメールから直接Gmailに移行できないので、まずOutlookに移行し、そこからGmailに移行するという2段階手順になります。

※画像はGoogleの「「G Suiteヘルプページ」から引用

Windowsメールが動くVista PCで作業

作業手順は以下のとおりです。

1.移行先のGmail(グーグル)アカウントを作る(既存アカウントでも可)

2.作業用Vista PCで新しいユーザを管理者として追加

3.そのユーザでログインしてOutlook2007にWindowsメールデータをインポート

4.「G Suite Migration for Microsoft Outlook」をダウンロード&インストール(英語ページ)

5.「G Suite Migration for Microsoft Outlook」を実行

6.Gmailで移行したデータを確認

「G Suite Migration for Microsoft Outlook」の使い方 (Version 4.0.117.0)

メッセージに従いインストール。この画面が出たら移行先のGmailアドレスを入力して「実行」。(ここでキャンセルしても後で実行可)

G Suite Migration for Microsoft Outlook

そのアカウントをクリックし、次のウインドウでGoogleパスワードを入力してログイン。

G Suite Migration for Microsoft Outlook

アクセス許可画面で「許可」クリック。

G Suite Migration for Microsoft Outlook

移行元を確認。プルダウンでpstも選択できます。
今回は「すべてのデータを移行」にチェックを入れ「次へ」クリック。

G Suite Migration for Microsoft Outlook

移行するデータを選び「移行」クリック。

G Suite Migration for Microsoft Outlook

進捗画面が出るので終了するのをひたすら待ちます。終わったらGmailを確認。

G Suite Migration for Microsoft Outlook

主な注意点

・メールは元のフォルダ構造どおりのラベルが付きます。

・移行後、新規受信メールの振り分けはラベルの設定が必要。

・同様に他のメールをGmail経由で送受信する場合はアカウントを追加。

・メール件数が多いと相当時間がかかるので充分な余裕を。(今回は半日以上)

過去データの参照だけならOutlookまでにしておく手も

Gmailはとにかく検索がラクなので、新旧メールデータをシームレスに管理したい場合などに向いています。

しかし過去メールを参照するだけなら、メールアカウントを設定せずに新しいバージョンのOutlookに移行したまま使うのもオススメです。

メールを多くのフォルダに仕訳していた場合、Gmailではラベルが多すぎて逆に使いづらくなるので。

以上です。それではみなさま快適なPCライフを!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です