さいたま市マッチングファンド コミュニティ・カフェおひさまで都市型高齢者コミュニティのタブレット実証実験

LINEふるふるで友だち追加

おひさまタブレット講座

さいたま市マッチングファンドによる協働事業「地域の助け合い拠点コミュニティ・カフェと連動したICT(Infomation and Communication Technology)の活用による助け合いまちづくりの検証」が残り約1ヶ月となりました。

昨年11月から始まったこの実証実験はタブレットを使った都市型高齢者コミュニティのありかたを検証するもので、おひさまを主催されている同じファイナンシャル・プランナーの山本和広さんからお声かけいただき、講師として参加させていただいてます。

メンバーはパソコン教室の生徒さんを中心に約20名が参加されていて、平均年齢は、、、

止めときます^^;

なおタブレットは初めてという方がほとんどで、PCをさわったことが無い方もおられます。

そんなみなさんの2ヶ月後がこれ。一生懸命ふるふるしてお友だち登録中!

LINEの全員グループは乙女で満ち溢れており、お箸を落としても何とやら、大変賑わっています(笑)。
中には海外在住の娘さんとLINE通話を楽しんだり、懐かしいお友達とやり取りしている方も多いようです。

離れて暮らしているご家族(だいたい娘さん)は、お母さんやお父さんから突然届いた友だちリクエストにびっくりしつつも、お互いの様子がリアルに分かることを喜んでいる様子が伝わってきて嬉しいです。

このほか、年末に帰省したお孫さんがおばあちゃんとゲームを楽しんだり、使い方を教えてくれたりと、世代間のコミュニケーションがタブレットをきっかけに弾んでいく様子もお聞きでき微笑ましいです。

すっかり慣れたところでパチリ

おひさまタブレット講座

翌週のこの日はさいたま市の担当者さんがお見えになり、ホームページ用画像を撮影されました。みなさんサマになっていますな^^

それもそのはず、今やLINEでスタンプ使える、インターネットで情報を探せる、Gmailでメールを送れる、Webカレンダーで予定を一元管理できる、欲しいアプリを探してインストールできるなどなど、みなさん相当レベルが上っているからでしょう。(当のご本人たちはあまりピンときていないようですが・・・)

その証拠がこちら⇓

おひさまタブレット教室

手前のご夫婦は今年から参加されたので奥のお二人が基本操作を教えているところです。ちなみに右手のご主人はおひさまで水彩画の先生をされています。

奥様によりますと「用事がないと家に閉じこもりがちになってしまうので無理やり!連れてきました(笑)」とのことです。

当のご主人はいつも穏やかでにこにこされていて、講座をお楽しみいただけてるようで良かったです。

一般的に長年お勤めされた男性が会社を離れてしばらくすると、近くにこのようなコミュニティがあると知っていても、奥様パワー(失礼)に圧されてなかなか参加しずらいとお察ししてます。

男性陣は一度軽く飲みながらやるとほぐれるんですが・・・近いうちに「男子会」やりますか!
山本さん、よろしくお願いします m(_ _)m

便利な道具を自分たちでルールを決め使っていく

はじめてお会いした方々はすっかり仲良しに。笑い声あふれる様子は新しいコミュニティの始まりを感じます。
しかしこのまま実証実験が「あぁ楽しいタブレット講座だった」で終わっては意味がありません。

今お使いのIDやパスワードは今後タブレット以外でも使えるようにしてあります。

残る1ヶ月、運営者のみなさんとはインフラとしてのLINE連絡網やWebカレンダーの活用方法などについて考えていきましょう。

参加者のみなさんにはもっと便利な使い方をご案内しつつ、同時にインターネットの読み書き能力(情報リテラシー)を磨いていただきたいなぁと思います。

それからパソコン教室の生徒さんには、PCあるいはスマートフォンと連動した「本来の使い方」を3月以降ご紹介していきます。

実験終了後、参加されたみなさんが他の都市型コミュニティの良き指導者となり、インターネットの助け合いの場がさらに繋がっていく様子が目に浮かびます。

それでは、もうしばらくお付き合いのほど、よろしくお願いいたします。
スラウギ原 拝

追記 2020/9/15
さいたま市HPに当時の記録が残っています。

2016/4~2017/3 さいたま市 平成28年度マッチングファンド事業「ICTの活用による地域の助け合いまちづくりの普及・拡大・継続性の検証」
https://www.city.saitama.jp/001/013/003/002/004/001/008/p048408.html

2015/11~2016/2 さいたま市 平成27年度マッチングファンド事業「地域の助け合い拠点コミュニティ・カフェと連携したICT(Information and Communication Technology)の活用による助け合いまちづくりの検証」
https://www.city.saitama.jp/001/013/003/002/004/001/013/006/p044708.html

さいたま市マッチングファンド コミュニティ・カフェおひさまで都市型高齢者コミュニティのタブレット実証実験” に対して2件のコメントがあります。

  1. 米谷晃 より:

    シニア世代が盛り上がってる様子の良く分かるレポートですね。

  2. スラウギ原 より:

    米谷さん、いただいた画像を使わせていただきましたm(_ _)m
    この度は実証実験にご尽力くださりありがうございます。
    ご覧のとおり、みなさんどんどん進歩されててますので、また遊びにいらしてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です