篠不動産鑑定士さんの事務所PC Vista->10移行とSSD換装

Vistaサポート終了でWindows10へ移行

篠不動産鑑定事務所

不動産鑑定士さんでFPの先輩でもいらっしゃる篠 光昭先生。
このたび事務所のVista PC移行と、Windows7ノートのメンテナンス作業を承りました。

※埼玉県戸田市『篠 不動産鑑定事務所』さんのホームページ

不動産鑑定士さんのように官公庁システムを利用するPCの移行は注意が必要です。
ブラウザをはじめ、各種アプリのバージョンが指定されている場合があるからです。
今回は事前に情報を確認してくださっていたので何も問題ありませんでした。

移行元PCのメンテナンスから

画像右奥、移行元PCには過去データや専用システムが多く入っています。
また外付けハードディスクも使用されていたので、まずはどこにどんなデータがあるか調べました。

しかしPCの動作が不安定で、まずこちらのメンテンナスから取りかかります。
でも予想以上に動きが悪く、そのため現地作業は一度終了し、翌日以降に遠隔で続けさせてもらうことにしました。

一方、お客様には移行に必要な各種IDやパスワード、再インストールメディアの準備をお願いし、足並みが揃ったところで後日一つずつ確認しながら移行作業を終えました。

が、、、

ノートPCのハードディスクに障害発生中!

もう一つの作業は不調Windows7ノートPCの復旧です。
確認すると起動に時間がかかりすぎ、また動作も不安定です。

この症状は・・・そう、ハードディスク障害によくあるパターンです。
ハードディスクの消耗度が分かる定番のフリーソフト、
「CrystalDiskInfo(クリスタルディスクインフォ)」では『異常』サインが出ています!

この状態ではいつ動かなくなってもおかしくなく、というか動いていること自体が不思議なので一刻も早い交換が必要です。

どうせならこのさいSSDに換装してスピードアップも図ろうと、サンディスクの3年保証480GBを選びました。
ちなみにこの240GBタイプは自分のデスクトップでも使っています。サンディスクのSSDはコストパフォーマンスに優れた商品でお勧めです。

こちらはお預かり作業でしたが当初システムが立ち上がらず、最悪クリーンインストールを覚悟していたら半日後に復旧し、無事元のシステムのまま移行できました。
ハードディスクの『異常』サインからの復活は正直珍しいです、良かった^^

なお篠様は大事なデータを外付ハードディスクにバックアップされていたため、今回は安心して作業できました。

バックアップは大切ですよ!

ご参考エントリ
ディスクまるごとコピー 『AOMEI Backupper Standard 2.0』
ディスクまるごとバックアップ編 『AOMEI Backupper Standard Edition 3.2』

スラウギPCサービスのアフターサービス

使い方のお問い合わせはアフターサービスでお受けしています。
基本的には365日、お客様接客中でなければ対応します。

なお特に個人事業主さんや企業さんには年間保守契約をお勧めしています。
障害時の原因切り分けから関連業者への対応、月1回の定期障害予防メンテナンス、ならびに完全バックアップのセットです。

とにかく電話一本でオフィス周りのトラブルはほぼ解決できるので簡単です。

最後に。
私は認定FPなので、FP相談同様、倫理規定を守りながらPCを取り扱っております。

個人情報の塊であるPC修復・廃棄、乗り換えや新規購入のご相談はおまかせください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です