NEC LaVie LS150/RのSSD換装は抜群に簡単

SSD換装を前提にしているのではと思うくらい容易でおススメです

NEC LaVie LS150/Rの起動が遅いとご相談がありました。
確認するとたしかにその通りで、またOSがWindows8.1だったためSSD換装と一緒に10へのアップグレードとメンテナンスをお勧めしました。
※2020/11/1現在、まだ無償アップグレード可能!

ディスククローンは安定の「Aomei Bakkupper Pro(有料版)」を使用しました。
使い方はこちらのエントリーをご参考に。
※オリジナルパーティションが少なく(3個まで)、クローンだけなら無料版でもOKです。
ディスクまるごとコピー 『AOMEI Backupper Standard Edition 2.0』

過去最高レベルの交換カンタンさ

NEC LaVieシリーズは機種によって分解難易度が大きく異なります。
NECに限りませんが、特に背面パネルを外さねばならないものは一般的にかなり大変です。(ツメがひっかかる)
それがこの機種はネジ2本で交換可能です(画像の白丸)。

ハードディスクカバー自体が固定機能つき

これは換装後の画像ですが、HDDは黒いテープで固定されているだけでした。
カバーの裏側には青い緩衝テープが上下に貼られています。
最初見たときはあまりの簡易さにびっくりしましたが、よくよく見るとハードディスク装着部分の遊びはほとんどなく、この構造はコスト的に十分ありですね。
さらにSSDは回転部品がなく振動しないので問題ないと思われます。

そしてディスククローン後に交換したらあっさり立ち上がりました。
あとは最新バージョンの20H2にアップグレードし、10から余計なアプリを削除するなどビジネス仕様にして終了。
SSDへの換装と徹底メンテナンスで、あっと驚く体感速度向上を実現しました。

今回使ったSSDです。スペーサーが付いているのでこの機種では有効です。

スペーサーはありませんが、安定のこちらもお勧めです。

それでは楽しく快適なPCライフを!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です