速報 M1 MacBook AirでWindows10が動きます!

プレビュー版ながらもあっさりインストールできました

※追記 2021/4/15
Parallels Desktop 16が正式にM1対応となり有償化されました。(無償トライアル版あり)

※追記 2021/5/23
日本語入力問題解決しました!
全ての設定ー言語ー日本語オプションーハードウェアキーボード レイアウトー日本語キーボード(106/109キー)に
その下、キーボードオプションー全般ー2行目の「かな入力〜」をONにして再起動

Win10 on M1 Macbook Air
Win10 on M1 MacBook Air

先ほど「ぽちろぐさんのブログエントリー M1 MacBook AirでWindowsを動作しました。」で、Windows10がM1 MacBook Airで動くことが分かり、早速試しました。(CPU・GPU8コア、メモリー8GB、SSD512GB、MacOS11.1)

自分のM1 MacBook Airの使用感はこちら

パラレルデスクトップのインストールも簡単で、あっさりWindows10も入り日本語化できました。
ポイントとしてはパラレルデスクトップのダウンロードにはアカウント登録が必要なこと、マイクロソフト公式ARM版Win10(preview)のダウンロードはマイクロソフトアカウントが必要で、またサイズも大きく9GB近いのでご注意ください。

詳細手順等は上記、ぽちろぐさんのブログをご覧くださいませ。(DLリンクも書かれています)
このたびは貴重な情報ありがとうございました。
それにしてもここまで来ていたなんて、製品化がますます待ち遠しいですね!

※追記 2021/01/27
アクティビティモニター上でWindows10のメモリー消費は約6GBです。
Windows自体の動きは問題ありませんが、Office2010のインストールが途中でハング(再起動後完了)、Storeアプリ画面が開かない、古いアプリのインストーラで日本語が文字化けするなどなど、いまのところ初期ベータ版です。
まだまだ過信禁物!

※追記 2021/03/11
3/11現在、Win10プレビュー版、パラレルデスクトップとも最新の状態でかなり安定してきました。
ハングして再インストールなども無くなっています。
あとはキーボードが英語になったまま日本語配列に切り替わらないようで、@がSift+2で入力しないといけないなどがちょっとストレス。
パラレルに報告済みではありますが、どこかで設定できるのかな?

Win10 Pre バージョン
パラレルデスクトップ バージョン

速報 M1 MacBook AirでWindows10が動きます!” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です