『AKAMARU(MRDB)』をWindows10に移行 その3 Windows7を仮想化

堀江宝飾店呉店
堀江社長と奥様
遠隔で状況を確認できるように

宝飾販売在庫管理システム「AKAMARU LETZ版」のWindows10対応3件目は、こちら広島は呉が本店の堀江宝飾店様です。
今回はノートPC3台、デスクトップ1台の合計4台をWindows10PCに移行します。

広島ー埼玉は遠方のため、まずはデータをお預かりさせていただく方法のご相談から。
1月に堀江社長が上京された折、お使いのノートPCからシステムを丸ごとバックアップして埼玉で検証となりました。
そこから2か月、当方のPCでテストを繰り返すとともに、チームビュアで実際のPCを遠隔で確認しながら移行計画を立てました。

昔のアプリは10アップグレードで削除されるものも

最初の問題は7から10にアップグレードすると削除されるアプリが多く、そのままでは10に移行できないことでした。
このためVmware Workstation Playerで Win10Pro 64bit に今の7環境を仮想化して移行することにしました。
システム構成は
ホストPC:CPU Core i5シリーズ、メモリー8GB 、Win10Pro 64bit
ゲストOS:同 Win7Home 32bit です。

鬼門はUSB変換ケーブルとプリンタドライバ

試行錯誤しつつ、ようやく3月末に2泊3日の現地作業となりました。
事前に十分テストは繰り返したものの、現地確認で残っていたシリアル接続タグプリンタ、RS-232C接続レシートプリンタの出力がすんなり行かずに手こずりました。
プリンタに限らずUSB変換ケーブルには相性があり、またドライバのバージョンに左右される場合が多く、これらの組み合わせは現地で調整するしかありません。

あれやこれやと試して何とか印刷できるようになりましたが、細かな点であちら立てればこちら立たず。
微妙にネイティブ7とは動作が異なる状態が続きます。
最終的には落としどころを見つけて、運用で対応していただくことになりました。
※後に各プログラムごとのプリンタ設定変更で解決!

さて本来であれば機器の入れ替えまで立ち合う予定でしたが、支店の営業時間との兼ね合いもあり断念。
後ほど入れ替えていただくことをお願いして出張作業を終えました。

AKAMARU移行3件目を終えて

当作業でAKAMARUの移行は3件目になりました。
初回のジュエリーキクヤさんはVISTAから10への入れ替え、続くエルフィンさんはWin10 32bitにアップグレードしたものをWin10 64bitで仮想化、そして今回の堀江宝飾店さんはWin7 32bitのままWin10 64bitで仮想化と、三者三様に対応しました。
お客様ごとにカスタマイズされた部分の違いにより、移行方法もまた変わるという事例でした。

最後に、店頭業務でお忙しい中、快く作業ににご協力くださった社長さんに心から感謝申し上げます、ありがとうございました。
スラウギ原 拝

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です